草むしり後もまた雑草が生えると近隣トラブルになる~雑草対策~

雑草が茂ると様々なトラブルを引き起こします

近隣トラブルに悩まされない庭に!~草むしりの負担を軽減~

草刈り道具

庭に生えている雑草は、草むしりをして綺麗に取り除いてもまた新しく生えてきます。何度取り除いてもすぐに生えてくる雑草を定期的に手入れするのは大変な作業です。ここでは、自分でできる雑草対策の方法について紹介していきます。

雑草が生えない環境をつくる

防草シートを使用する
防草シートを敷いて、その上から砂利を敷き詰めると、雑草が地上に出てきません。また、新しい種が飛んできて成長しても、防草シートの上にあるため、すぐに取り除くことができます。防草シートは、水や空気を通すため、育てたい木々には影響が出ません。
砂利を敷き詰める
庭に砂利を敷くことでも雑草の成長を抑えることができます。砂利を厚めに敷くことがポイントで、大体5cmから8cmほどの厚みのある砂利の層を作ると良いです。雑草の生命力に勝てないこともありますが、芽や根の成長を妨げる効果があります。
固まる土を取り入れる
固まる土は、5cmほどの砂利を敷いた後に、固まる土を水平に敷いて水をかけます。すると土がコンクリートのような硬さに固まります。そのため、雑草が生えてくることもなく、雑草の種が飛んできても育つことはありません。水平にするのは難しいため、業者に施工依頼したほうが良いです。

上記の方法は、道具をホームセンターなどで集めることができるので、自分で雑草対策を施すことも可能です。雑草の手入れが定期的にできないという人は上記のような対策をして雑草の悩みを解消しましょう。対策することで近隣トラブルも防ぐことができます。

アフターケアをしてもらう

業者に庭の作業を依頼した場合には、アフターサービスが付いていることもあります。そのアフターサービスの内容は業者によって変わるので確認して、アフターサービスを受けましょう。手直しだけでなく、雑草が生えてしまった時には無料で除草作業も行ってくれます。雑草の範囲や状況によっては手間がかかるので業者に連絡してみましょう。